« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月18日 (木)

癌を恐れない の続き

半ちゃん もうすぐ完食scissors

Cimg1194

いそちゃん怖くて近寄れずhappy02
さてさて 考えるほどに判らない 癌。。。
ひとつ 以前から疑問に思っていたのが
癌 の判断基準です。
癌が見つかりました・・・って 
その段階では案外素直に「あ〜癌でしたか」と認めてしまっているような・・・
それから余命の事や治療方針や予後の説明なを受けている内に
手術なんて怖いshock
抗がん剤は高いし副作用も心配だpoutetc
何かの間違いではないのかsign02
では、セカンドオピニオン、サードオピニオンを。。。
gawkgawkgawk
どうも昨今 外科処置で腫瘍摘出というのがポピュラーな外科的治療となっているような気がします。
しかし最終的には摘出した腫瘍を病理検査してから 癌と確定できるsign02
癌の可能性が高い、いずれ癌化するであろうから今の内に手術しましょうwobbly
もちろん、医療技術も器具も薬もすばらしく進歩してきているので
手術による身体への負担も軽くなったし
昔ならダメだった命が救えるようになってます。
sign04
摘出しました。病理の結果良性でした。
目出たし目出たしheartheartheartなんだろうかsign02sign02sign02
手術しなくても良かったんじゃsweat02
sign04
なんか モヤモヤthink もやもやthink
私事なんですが 親類が癌と診断された際、針で採取した細胞について
「どうも顔つきからすると 癌 と思われる」
と そのDrは言いました。
eyeeyeeye ナニsign03 顔つきsign02
その言葉になんともいえない違和感を覚えました。
sign02細胞診断、組織診断って どうなってるのsign02
よく目にしたり耳にするステージ1とか2というのはClass判定というものらしい。
調べてみると 近年では癌取扱規約というものがあり
臓器部位毎に細かく判定基準なるものがある。。。
当然ながらガイド基準もある。
で、検査は摘出したものからいくつかの標本を作り顕微鏡で観察する訳ですね。
今回 半ちゃんの断指手術で 病理組織診断書という物を手にし
なるほどsign01こうして細胞を見るんだsign01
と納得したのですが○○の判定基準により云々・・・の記載はありません。
そこまでの記載はしないのが通常のようです。
こういう事を言っていいのか・・・言っちゃいけないのかなdespair
つまりは 最終的には顕微鏡を覗いた人の判断なんですね。
(一人ではなくちゃんとダブルチェック してる筈ですよね)
ハッキリ言いますが、私が診断書を疑っている というのではありませんsign01
念のためcoldsweats01
ただ 擬陽性、偽陰性の可能性があり絶対100%のものではないsign03
のだ。。。と
sign05
だから という訳ではありませんが
たとえ癌細胞が認められても
すべての癌細胞が一気に浸潤し遠隔転移し生命をおびやかす。。。
ものではないsign03
癌と とことん戦うも ゆる〜い療法で仲良く共存をめざすも
あるいは全く自然に任せるも
個々の考え、年齢や状態、環境、事情によって正解も間違いもないと思っています。
Cimg1197

なんか とりとめもなく2回にわたって書き連ねちゃいましたが
病理診断が最後通告とは限らないnote
って心が軽くなる方が お一人でもいたら嬉しいかなhappy01
もう一言。
身体はひとつsign01なのに
やたら専門科が進んでしまったヒトの大病院gawk
専門外だから・・・とスルーされたり他の科に回されたり・・・
本当は全部学んで医師になってるのにね。
最近 動物病院でも専門性が高まってきましたが
私たちが普段診てもらう多くの獣医さんでは
ご自分の得意な専門領域があっても
専門外だから他の事は診ません。なんて ないですよねhappy01
そういう意味では信頼して充分話し合える獣医師であれば
動物達の方が幸せかもしれないheart

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月17日 (水)

癌を恐れない

家族(ヒトだけじゃなく犬でも猫でもその他のペットとして飼われている動物も含めて)が 癌 と診断されたらsign02

ほとんどの場合 かなりショックです。
それは 多分 ほかの病気と違って余命宣告されるケースが多いからのではないかと思います。
それだけに 癌=死 と 死を現実として考えざるを得なくなるのでしょうthink
でもねsign01
癌じゃなくたって 生き物に死は訪れます。
絶対に。平等に。

だけど 癌 は イヤcrying
だって 最期は痛くて苦しいって言うし・・・
って 思っちゃいますよね。。。。
clip
ですが 癌だから必ず苦しいとは限らないし
癌じゃなくたって苦しいかもしれない。。。
必要以上に恐れない。心配しない。
って 実は とっても大事なことです。
ことに動物達にはsign03
clip
今は 動物達にもヒト並みの抗がん治療ができるようになりました。
外科手術はもちろん放射線、化学療法
抗がん剤にしても正常な細胞を攻撃しない分子標的薬や丸山ワクチンも。。。
どう癌と向かい合うか・・・となった時
ヒトなら 本人の意思を反映する事ができますが
動物たちは喋ってくれませんから
私たちが考えて決断することになりますconfident
clip
癌だけじゃなく 重篤な病気になってしまったら
どんな方法であっても 私たちの選んだ道を動物たちは恨まないshine
その日 その日が文句なく ゴハン貰えて
お散歩行って イイコheart01イイコheart04してもらえれば充分幸せlovely
明日や残ってる時間なんて気にしてませんhappy01
だからねsign01こっちがdowndowndownでいると
と〜ちゃん かぁ〜ちゃん おかしいなsadって元気なくなって免疫ダウンcoldsweats02
Cimg1192
本日 抜糸で身軽?になった半次郎dog
抗生剤も飲まなくてよくなったし
食欲 元気 絶好調lovely
pencilところで 癌って何なんだsign02
腫瘍・・・ 悪性腫瘍ですね。正常な細胞の突然変異なんですが
癌細胞は出来ては消滅。を繰り返していて
消滅するのはリンパ球が戦ってくれてるからok
ところが何かの拍子に(その 何か が問題ですがwobbly)勝てなくなるng
発ガンリスクというのは ある程度わかってきていても
あくまでリスクで 必ず発病ではない。
そして 発病=進行 でもない・・・・
bearing考えるほどに 判らなくなるsweat01sweat01sweat01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月11日 (木)

術後2週間

Cimg1184_2

先週の縫合の後 少し患部が熱っぽかったので
アイシングをしたりしました。
保冷剤だと ずっと当てがってなきゃならなくってsweat01
ぢ〜っとしててくれればよいけれどbearing
で 冷却シート 冷え○タ を巻いてテーピングしちゃいましたcoldsweats01
案外 バッチリok
このところ だいぶ腫れが引いてスッキリしてきましたhappy01
Cimg1181
縫合部を消毒して薬を塗って・・・
舐めないように靴下を履かせて・・・
んがsign01気づくと脱いでますpout
靴下にハッカ油やビターアップルを垂らしてみたりしましたがsad
仕方ないweep
1日中舐めてる訳ではないので
薬を塗ってからしばらくの間だけは見張ることにしましたcoldsweats01
memo
そして病理検査の結果
実は 病理組織診断書なるものを目にしたのは始めてです。
予想どおり 上皮性悪性腫瘍 
増殖形態から腺癌 発生部位からアポクリン腺癌であろう。。。
eyeアポクリン腺 どっかで聞いたことがありますね。
そう ワキガの原因とされている汗腺のひとつです。
犬は人と比べると身体中にアポクリン腺が多い生物らしい。
要はヒトでは退化した というもののようです。
犬臭さhappy02の元はコレですって。
半ちゃんの場合は 爪床。
どこまでも 真っ黒な犬です。
皮膚も爪も・・・
白っぽいコだと爪の変色とか 爪の付け根の腫れで気づきやすいかもしれませんね。
私も 爪のところをカリカリしているな〜despair
とは思っており
洗浄したり痒みの対処をしてましたが
爪が落ちてしまうまで とんでもなく腫れあがったり
痛がったりはしてなかった。。。
爪カリカリの時点で病院に行ってたらsign02sign02sign02
癌の可能性があるから早めに断指。。。
(医学的には 断趾 でした)
しなかったでしょうねthink
やはり温存放置を選択していた と思います。
もちろん再発転移の可能性はゼロではありませんが
半ちゃんも私たちも そんな事は気にしてませんhappy01
早く傷がふさがって抜糸ができて
たぁ〜っぷり お散歩できれば
シカの足でも問題なしheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 3日 (水)

断指後。。。

手術後 1週間です。

骨をいじったのだから相当痛みが残るのではweep
との こっちの心配など 何処吹く風の半次郎くん。
ちょっと痛そうな素振りがあったのは2日ほどok
手術した脚をかばう事もしないでウロウロしております。
Cimg1174
で・・・アンヨはこんな具合になりましたsweat01
最初 見た時 鹿の足みたいになったね〜〜〜coldsweats01
丸刈りだし なんとなくナマナマしいんですが
しみじみ 2本の断指だったら歩行困難は間違いなかったdespair
1本ですんでよかったheart01と思います。
痛くもないし 元気にウロウロ動くのはよいんだけれど・・・
今日 また何針か縫いましたbearing
先生が心配していたとおり 体重があるのでパット側の縫合部がビミョーwobbly
パックリ開かないうちに。。。
痛ければ本能的に安静にするのでしょうがsweat01
なんせ 野次馬犬 ご陽気な半ちゃんなものでcoldsweats01
Cimg1179
兄ちゃん お疲れ ペロリheart04の音です。
Cimg1178
さすがに 縫われるつもりじゃなかったsign02
ので 疲れた 安静にしますsleepysleepysleepy
半ちゃんの足 1本指がなくなりましたが
この事実に関しては 可哀想 とは考えていません。
手術しなきゃならなくなった・・・
で 不安な思いをさせちゃったweep
のは可哀想だった とは思うけれどsad
動物たちは 人間みたいに 見かけがどう とか
あ〜あshockこんななっちゃって先が心配crying
なんて生きていないからhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »