« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月 9日 (日)

火山で暮らしています 2

日本に110ある火山の内
噴火警戒レベルが適用されているのが30。

その30分の1 の大涌谷の近くに暮らしているわけですcoldsweats01

火山fujiというと
マグマ噴火で山頂あたりの火口からは真っ赤な溶岩が流れ出し
大量の火山灰が降るshock
というイメージが強く
それを想像すると やはり恐ろしいものがありますthink

苦手克服法の1つに
「敵を知るsign01」というのがあって
えてして 嫌いな人、者、怖いものetcって
見ないようにしよう。
なかった事にしよう。
関わらないようにしよう。
なんだけれど、
相手が何であれ、その対象について知ると
好きにはならないまでも
恐怖心や不安感、嫌悪感はかなり軽減するok

だからhappy01
「困った 困った bearing
「どうしよう どうしましょ weep
「行政は何やっとんじゃimpact
そんな事ばかり言ってても なぁんにもなりません。

箱根はほとんどのエリアは安全ですhappy01
だから皆さん来て下さいheart
それは間違いありませんhappy01

でもsign03本当の問題は 
単に 安全か、安全じゃないか、ではないsign01
と思うのです。
安全 って 
何に?誰に?何処に?
そのパーセンテージって?
sign02 sign02 sign02
噴火警戒レベルの基準って
火山といっても大きさやエネルギーや
活動状況は様々なので
それぞれの火山によって決まるんですって。
当然、警戒レベルに伴う避難エリアというのも
山によって違う。。。

住民としては レベル3における
この避難エリアについては困惑しています。

レベル2で火口周辺が立入り禁止となり
つまり ロープウェイの大涌谷駅には行かれなくなり
ずぅっとロープウェイは運休中です。

Cimg1387

レベル3となり早雲山から上強羅を経て大涌谷への県道が
姥子駅入り口で通行止めとなりましたthink

箱根観光のゴールデンルートが分断されちゃったweep
大涌谷の温泉のメンテができてないweep

「困ったcrying」です。

Cimg1388

この程度は安全goodなのにpout
というのが住民の本音です。
しかしながら、その後大噴火が起きなかったから言えることなのかもしれませんdespair

で、この警戒エリアには宿泊施設を含む十数軒があり
避難を余儀なくされています。
もし自分だったら・・・
営業はしないまでもギリギリまで家に居たいsign01
ところが、よく読んで下さいな。
「罰せられる事があります」
何があっても文句は言いませんから〜〜sweat02
自己責任で ここに居させてください〜〜〜crying
は通用しないんですねthink
たしかに、実際に事が起きた場合に見殺しにはできないんですものね。。。
こういう時の自己責任は認められないんです。。。
ですが、前回書いたように
火山あっての箱根heart温泉heartなのですから
箱根に暮らす者は 
これからもずっと大涌谷とは仲良くしなくちゃいけないheart01

地球は生きているんだから
大涌谷だって元気いっぱいだったり
休憩したりするのでしょうhappy01

今のところ有感地震もなく静かですし
火山性ガスも減ってきています。
それでも警戒レベルが戻るには 
今しばらくかかるかと思いますが

雄大に水蒸気を吹き上げている大涌谷sign01
を眺める事ができるのは今の内かもしれませんよbleah

なんて、さりげなく呼び込みをしてしまいましたが
レジャーは冒険ではありません。
リスクを負ってまでする事ではないと思っています。
やっぱり不安gawkやっぱり怖いbearing
という方は安心heart04と思える時にいらして下されば
そのほうがハッピーです。

Cimg1386
ポーテラスのハッピーわんこ
身体ねじれてるのに
ヘソ天で爆睡中happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年8月 6日 (木)

火山で暮らしています 1

大涌谷 噴火警戒レベル3となってから
ひと月あまり。。。

正直 この1ヶ月は色々と思いを巡らせ
とても長かったように感じています。
そして ようやく言えるhappy01
「火山で暮らしてます」って。

これは悲観的な意味ではなく
前向きに付き合うんだよokって事。
こう言えるのは
一つにはレベルの上がるきっかけとなった噴火後は
(だいたいね。おそらく噴火したとおぼしき頃
いそと散歩してました〜coldsweats01
確かに尋常じゃない揺れを感じたけれど
音がしたわけじゃないし
いきなり灰が降った訳でもありませんでした。
そうsign01ごく小規模な噴火ってコトですねhappy02
地震もおさまっているし
水蒸気の量は増えているとはいえ
GW 前と変わらない日常がある。
というのもありますが
先月 箱根ジオパーク推進協議会主催のシンポジウムがあり
箱根火山の概要や現況についての講演を聞いてきました。
ところでジオパークってナニsign02

pencil日本ジオパークネットワークによると

ジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産、

たとえば、地層・岩石・地形・火山・断層などを含む

自然豊かな「公園」のことです。

山や川をよく見て、その成り立ちに気付くことに始まり、

生態系や人々の暮らしとのかかわりまでをつなげて考える場所です。

足元の岩石から頭上の宇宙まで、

数十億年の過去から未来まで、

海や山の大自然からそこに暮らす生き物と人々までを一つにして考える。

つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。

pencil
で、箱根は2012年に日本ジオパークとして認定されました。

ホントは・・・
ジオパークになったのは知ってましたが
気に留めてなかったsweat01sweat01sweat01
元々国立公園なんだしぃ〜〜〜
改めてジオパークってなにぃ〜〜〜
でした。ゴメンナサイ。。。

シンポジウムで専門家の先生から
箱根火山の成り立ちや
大涌谷の活動状況、調査の経過などを直接聞き

それまであった 
「これからどうなるんだ」
「いつレベルが下がるんだ」
といった漠然とした不安がなくなりました
happy01

だってね、箱根山火山があったからこそ
奈良時代から湯本温泉が開かれ
箱根神社が創建されたsign01

江戸時代になると東海道沿いに温泉が開けてきて
箱根七湯といわれるようになるhappy01

明治以降 箱根は観光地として開発され
今では箱根十七湯spa

現在 箱根山という山はなく
大涌谷がかつての箱根山の火口。
ですが、
1つの箱根山ではなく
複数の火山があったのでは。
と最近の地質学の研究からわかってきた事があるんだそうです。
数万年も前の箱根のお話。。。

私は箱根の地の者ではありません。
箱根が好きで移り住んできました。
子供のころから馴染みのある箱根。
大涌谷って もくもく湯気でてるの普通だし
箱根には温泉いっぱいあるし
火山と関係あるっちゃぁ あるのかしらんsign02
「山」じゃないし「谷」でしょ。
くらいの認識でした。

大涌谷は日本に110ある活火山の内の1つです。
(いつの間にか休火山、死火山なんてなくなったcoldsweats01
毎日 大涌谷を見ていると
水蒸気がすご〜く噴いている時もあれば
何日も見えない程度の時もある。
散歩の行きにはすごかったのが
帰りには見えなかったり
地球の息吹きを垣間みる気がしますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年8月 5日 (水)

猛暑おみまい申し上げます

梅雨が明けてからの暑さときたらwobblywobblywobbly
もちろん ここは芦ノ湖近くの箱根。
標高は800m弱。
都会ですごされている皆さまに比べたら。。。
ですし、お見えいただいたお客さまは
「やっぱり涼しいですよねheart04
と おっしゃって下さるのですが
箱根暮らしになってから
暑さに弱くなってしまった身には
30度いかなくても堪えますbearing

Sh370774
ではっ涼し気な風景をhappy01

もはや日本は亜熱帯化しつつあるcoldsweats02とか。。。
箱根観光の人出がdowndowndownなのも
警戒レベルだけではなく
暑さのせいもあるんじゃないかと思ったりしますsweat01

熱中症は犬も猫もかかりますものね。
こんだけ暑いと不要の外出はしたくないし
ワンコの散歩だって
都会だったら早朝か夜分にならないと心配ですよね。

もう少し暑さは続くようですweep

どうぞ 皆さまも わんこ達もちゃんと水分とって無理せずおすごし下さいませ。

普段からあんまり水を飲まないワンコで、
ドライフードのコは
特に意識してあげてほしいと思います。

ドライフードは想像以上に身体の中の水分を吸収します。
お腹が丈夫で氷を食べるコなら出汁氷を作ったり

ドライフードをあげる時に動物用ミルクをうすめて
ジャバジャバにしてみたり。

日中 お留守番のコ達は 水をたっぷり置いてでかけても

ぬるくなると飲まなかったりgawk
空っぽになっちゃってたりcoldsweats02
(案外 誰もいないと ウダウダ寝てるだけで

 水も飲まなかったりするんですけれどねcoldsweats01

帰ったら まず新しいお水を用意してあげましょう。
ちょっとの手間で予防できますheart01


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »