« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月 7日 (水)

工夫してみる

犬の介護グッズも豊富になりましたねhappy01

スノーちゃんの介護が始まった頃
もう11年ほど前のお話・・・

と比べると種類もサイズも増え

入手もしやすくなりましたheart01

といっても、やはりなかなかドンピシャok

とはいかないのが現状でsweat01

そのコそのコの体格や症状で

バッチリで使えたりダメだったりsad

半ちゃんのように大きなコで四肢がまったくダメになると

足を接地してくれません。。。

ことに半ちゃんのように体高があると

持ち手の長さは必要ないsweat01

やはりバンドタイプで後肢をつり上げるには難があります。

で、ベッドパッドで急遽作ったのが

案外 優れものnote

151007_140001

ご参考までに。

左側が尻尾。

右が頭の方。

ちょっとアールのとこは♂のチッコのためねcoldsweats01

上下に映ってる細長い部分を背中で結ぶ。

どうしたって場所が場所だけに汚れちゃいますcoldsweats02

すぐ捨てたって惜しくないようなものがいくつもある方がラクnote

手持ちにある不要なもので作ってみて改良をしていけばgood

素材だけは固くなくて、ある程度の厚みが必要です。

小さいコだったら いらなくなった洋服の袖なんか利用できそうhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年10月 4日 (日)

老犬介護スタート

さてさて。。。

何度目かの老犬介護が始まったわけですが
今までのスノー、マック、シーズ姉妹
みな 抱けるサイズgood
ところが半ちゃんは体重が落ちてしまったとはいえ
30キロ超ですcoldsweats02
正直 想定以上の重労働crying
今までのコと同じようにはできないsweat01
なんて凹たれてもいられませんcoldsweats01
今回 介護グッズも そろそろ〜なんていう間にこのような事態になってしまったもので
何も間に合っていませんでしたdespair
Cimg1453_a
揃った〜〜〜note
小さいコから大型犬まで何頭も介護してきた友人が歴代わんこの
「頑張るパワー」の入ったグッズをheart04
Cimg1458
届いたばかりのシニア犬用ハーネス。
これを寝たきりのコには・・・
さすがに無理があったbearing
縫い目や金具が痛そうsweat02ベスト到来で引退。
イソちゃんが いつか使うのかな。。。
実は前から買おうか悩んでいた商品。
もっと早くに買ってあげれば良かったsweat02
Cimg1459
これも間に合わなかったsad
使い捨てラバーブーツ
これから乾燥してくるから試しに室内で履かせてみようかhappy01
って・・・
でも これはイソちゃんが使えそうねconfident
Cimg1455
これはヨガマットを丸めてタオルでくるみました。
寝る時の枕ではなく
背中にあてたり、いろいろ使える。
一番の目的は、給餌のため。
寝たきり状態で怖いのが 誤嚥coldsweats02
上体だけでも起こせて 正面を向く事ができればよいのですが
できない場合、せめて頭を上に持ってきたい。。。
Sh370368

こんなふうにねhappy01
小っちゃいコなら抱っこして膝の上で身体をまっすぐにできますが
(脳疾患などで首が定まらない事もありますけれどdespair
半ちゃんサイズでは ほぼ不可能。
なんとか膝枕で頭は上がるけど
もう少し上体を起こしたいsign01
ので使います。
それでも半ちゃんの場合は 完全に正面向き、お座り伏せ状態にはできませんweep
が、まるきり寝た状態よりは誤嚥防止にgood
食べた後、頭を肩に乗せるようにしてあげられればいいよheart01
って先の友人がアドバイスくれました。
練習中ですhappy01
Kc4d0018
ベロをちゃんとに使えなくなり食器から上手に食べられなくなったら
こんなものが役立ちます。
左のほうが使いやすいかもしれないけれど
消毒用のイソジン専用にしちゃったものでsweat01
食器棚にあったはずsign01
と探しだしたのが右のボトル。
よくお好み焼きのマヨビームなんかに使うやつねhappy01
100均にもありますok
粒子の粗い流動食はノズルに詰まるので
いい塩梅の太さのとこでチョキンhairsalon
難点は逆さにすると液体は漏れるbearing
そんなのは、ボトルをタオルで包めばよいし
顎の下にタオル、おむつやマナーベルトに使う給水パットをあてればどぉって事ありません。
Cimg1456
それからコレsign01シリンジ。
手持ちには5ccのしかなくって
これまた先の友人が大きいの持ってきてくれましたheart04
感謝shine
介護といってもケースバイケースです。
半ちゃんのように一気に突入wobbly
もあれば徐々に。。。
大概は ンsign02ンンsign02sign02の経過があるとは思います。
始まったなsign01と思ったら
記録をつけるpencil
ついつい、その都度アタフタと処置をして終わってしまうのですが
水やゴハン等をどれくらい食べたか・・・
いつ、ぐずったか・・・etc 些細な事を記録しておく。
ぐずりが苦痛なのか。位置替えの要求なのか
チッコか?空腹か?。。。
そうすると色んな事が見えてきて
ワンニャン達のリズムがつかめてきます。
そうなれば大変さも随分と軽減するhappy01
獣医さんへ相談に行く時も
そのようなデータがれば、より的確な治療をしてもらえますねnote
動画を取っておくのもok
こんな状態、症状、それについて
自分たちが どう困っていて
どう対処したいと思っているのか。
「先生どうしましょ。どうしたらよいですかsweat02
とやみくもに訴えるよりもgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年10月 1日 (木)

半ちゃんバレリーナになる。。。

半ちゃんの右旋回はおさまらず・・・

29日再び朝イチで獣医さんへdashdashdash
27日の診察の際に
一度胸のレントゲンを撮りましょう。
と言われていたのでレントゲン撮影。
(脳が疑わしいのにangry何故 胸sign02 
と思った小生意気なワタシでした。。。)
結果 去年のアポクリン腺癌が肺に転移しておりましてdespair
先生はおそらく 真っ先に転移を疑っていたのでしょうね。
胸水がたまって胸部が圧迫されての瞬膜異常。
というケースもあるのだそうです。
手術時に肺への転移はなさそう。でしたし
用心の為の抗がん治療はしませんsign01
と方針は伝えていました。
ただ、爪床のメラノーマやアポクリン腺癌は肺転移の確率が高い・・・
事は承知していましたが
転移への不安や恐怖はまったくなかったので
転移の事は頭から抜けちゃってましたsweat01
けれど 抗がん治療をしなかった事を悔いてはいません。
去年の術後の経過も良く
4日前まで 元気に楽しくすごしていたんですものheart01
Cimg1437
撮影中に映り込みたがるイソちゃんcoldsweats01
半ちゃん 帰宅時にけいれん発作をおこしました。。。
というわけで とりあえず玄関先でsleepysleepysleepy
帰ってきた半兄ちゃんに寄り添う音ちゃんheart04
半ちゃんじゃなくって このマットの上に居たいだけhappy02
って意見もありますがcatface
旋回の激しさや、状態からすると
突発性の前庭疾患、というより
脳内で血栓のようなものがあるのかも・・・
Cimg1435
一軒ふつうの寝姿のようですが
前脚 右は突っ張って硬直しているのに
左は曲がってる。。。
普通ではなく、脳障害でよく見られるのだそう。
その後、4回程 発作があり
自分で立ち上がれなくなっちゃいましたweep
それでもチッコは立ってしたいsign01ので
Cimg1439
pawパパ 急遽 ベッドパッドを切ってこんなものを作りましたok
夏の終わりのカクン以後
そろそろ介護グッズを・・・
とリサーチしていたのですが
こんな大きなガックンdownwardrightが一気に来るとは思ってなく
食欲のムラ改善にと低脂肪の山羊ミルク、
老犬用のハンドル付きのハーネスだけは発注したのですが
この時点で まだ届いてないsad
Cimg1449
山羊ミルクとハーネス到着happy01
しかし・・・
このハーネス すごく良いものなのですが
立てないコを持ち上げるような介護の為のものではなく
どうしたものか。。。
flair持ち上げやすいようにタオルで持ち手をつけましたgood
Cimg1444
後肢を持ち上げるのはとりあえずベッドパッドの腰ベルト。
オシャレじゃないけどbearing

これでチッコも立ってできますnote
ただ四肢がほとんどマヒしてしまったので
突っ張ってトゥシューズを履いたバレリーナのようにcoldsweats02
固有位置反射が鈍ってます。
ちゃんと肉球を接地させるのにチト苦労coldsweats01

王子様 超VIP の半ちゃんですhappy01
 身体が不自由なだけで
 どこも痛くないし
 ちょっと動くと少し苦しくなるだけだよscissors
と半次郎は申しておりますconfident
と いうわけでございまして
今度の連休はすでに満室でお仕事しますが
clipポーテラスでは 当面ご予約の受付を見合わさせていただいております。
勝手ですが ご容赦くださいますようclip

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »