« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

妖怪なのかも。。。

え〜〜〜dogいそちゃんです。

お坊っちゃまっぷりに ますます磨きのかかってきたこの頃coldsweats01
脾臓摘出から そろそろ1ヶ月、抜糸もしたし
生検に出した病理の結果も出ました。
良い意味でsign01私たちの覚悟を裏切る結果でしたhappy01
全摘した脾臓から5枚の標本を作り病理検査をしたところ
「リンパ結節性過形成」
高齢犬によく見られる非腫瘍性病変。
という事で、ホッheart04
術前のCTでは 悪性だった場合の転移の兆候もチェックして
肺転移はなさそう、ただ肝臓にちょっとブツブツが・・・bearing
肝臓の部分切除は大変なオペになりすぎるし拒否しました。
それと・・・腎のう胞が両腎にかなりあるcoldsweats02のが発覚sweat01
のう胞液の袋?が腎臓内に出来てる・・・んだねdespair
血液検査上の数値ではボーダーラインなのですが
CT で確認したかぎりでは思っている以上に
腎機能は落ちてるから要注意danger
腎臓の細胞は再生しないので
1度失われてしまったら
残っている細胞だけで腎臓の働きを頑張ってくれてるわけねconfident
想い出話・・・というつもりではないのだけれど
ポーテラスにはスノーちゃんという柴の姐さんdogがいたのですが
生まれつき身体が弱く獣医さんと縁が切れなくってsad
おまけに怖がりだし・・・
10歳の誕生日は来ないねsweat02
急性腎不全でずうっと入院していて、
これ以上は病院にいても同じだから。。。
って退院させられたり・・・でもhappy01奇跡の復活heart04
薬ばっかり飲んでたから目も早くに見えなくなったし
認知症も早く発症しちゃったし・・・
だったコがもうすぐ17歳lovelyまで頑張ったのでした。
私たちは ずぅっとスノーは妖怪犬happy01と思ってました。
で、今いそちゃんがここんとこ病院通いしてるとこで。。。
脾臓は問題なかったのだけれど
実際は要注意事項bomb抱えているいそちゃんなわけです。。。
んがsign03このところの、いそちゃんの病気の流れや
回復っぷりを見てると
どうも、スノーと同じ妖怪っぽさを感じるcoldsweats01
とりあえず目下の心配事は偏食angry
食べられないsweat02のではなく
「ドッグフード?こんなモノは食えない〜〜bleah」状態。
肉だけならheart01マグロだけなら〜heart01
牛が続けば続いたで飽きるしangry
馬だ、鶏だ、イノシシだ、鹿だ、と変わりばんこで大わらわですcrying
もう相手は妖怪なので、
身体に良さそうな犬のモノを何とか頑張って食べてもらう事は諦めましたhappy02
どんなに良質な身体に良いとされてる物でも
食べて、はじめて身になるなるんですものねsweat01
薬も飲ませなきゃならないしsign01
食べて栄養つけなきゃsign03
とムキになって食べさせようとしてたら
食餌がストレスになったみたいだったwobbly
で、居直りましたgood
食べたいものだけ美味しく食べなhappy01
フードも食べる気になれたら食べればい〜さぁhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2016年2月17日 (水)

いそちゃん脾臓摘出

と いう事で いそちゃんは脾臓全摘出の手術を受けました。

ところで・・・
脾臓って?
名前は知っててもピンflairとはきません。
場所は身体の左側。
肋骨のあたり、胃の隣にあり上に胃で背中側に腎臓。
平べったい臓器です。
実際に摘出した脾臓は 
ゲゲゲの鬼太郎の仲間の空飛ぶ一反もめん みたいでしたcoldsweats01
実は いその後肢の衰えは既に感じていて
やはり年齢なんだな。。。
ただ、今年に入ってから後左脚に力が入ってない事に気付いていました。
今になって思うに
脾臓にできていた腫瘤の影響で力が入れられなかったのかなsweat02
やけに左にコケていました。。。
mixマックの時は、突然の腰痛でした。。。
ヒトでも背中側の痛みは内臓の場合がありますが
なかなか、気付きにくいものですdespair
で、脾臓って何をしているの?
血液の保存、処理、リンパ球の生産、非常時には血液を作る。
これ 全摘しちゃうのcrying
なんて心配になりますが
犬の場合、この役割は他の臓器が補ってくれるので全摘出です。
手術自体は比較的よくある事で難しくはなく
あっという間に終わりました。
Kc4d0028
数年前に導入されたマルチCT
仰向けにされているいその膝がわかるかなぁ。
待合室から中を見られるように窓があるのですが
こんなゴッツイ機械で誰が検査するんかね。。。
使ってるの見た事ないし。
検査のためだけに全身麻酔なんて
それだけでもリスクだよね〜bearing
まさか・・・いそが使うとはsad
オペにあたって 肝臓からの出血の可能性もあり
その場合はかなり大変な手術となる・・・
出血部位を正確に確認してオペ台へ直行する、という事になりました。
Kc4d0029
摘出したっぽい。。。
Kc4d0030
無事 終わったconfident
摘出した脾臓には
空飛ぶ一反もめんの尻尾?のあたりに血腫がありパックリ割れていて
先生の言っていたように脾臓の半分ほどの膜のようなものがあり
それが隣り合った臓器との間で蓋の役目をしていたと思われます。
mixマックは手術もできなかったし
温存で家でターミナルケアをしている間に
一瞬にして血腫が破裂してそのままだったのですが
いその場合ジワジワ出血していたんですね。。。
この事態を気付けたか?防げたか?
前庭疾患の際に内臓疾患があるか血液検査はしました。
あの時点では血液ではセーフだった。
ので エコーは撮らなかった。
回復も早かったし・・・
エコー撮ってたら発見できたのでは・・・
とは思うのですが。。。
脾臓の役割は血液に関わるものです。
血腫を確認しても針生検は出血を促すリスクがあり まず行われません。
摘出して生検に出して はじめて確定診断されるんです。
だから悪性か良性か。というよりも
手術をするか、しないか。。。しかないweep
今回 私たちは 血管肉腫と聞いた時に覚悟しましたが
いそちゃんの野生っぽい生命力に賭けてチャレンジしました。
悪性であっても怖くはないhappy01
半ちゃんだって断指後、抗ガン治療をしなくても1年は元気に過ごしたんだからok
そして やっぱり いそは只者じゃありませんhappy01
普通 1週間くらいは入院したりするらしいのですが
臓物一つ取ったというのに元気いっぱいで
誰か相手してくれ〜heart01とピーピー文句をたれ
食器をひっくり返したり
ゲージの扉をカリカリして開けようとしたりsweat01sweat01sweat01
相当 悪いコちゃんだったようでcoldsweats01
おそらく病院でも手を焼いた sign02sign02sign02
元気すぎて2泊3日の入院で ご帰還happy02
術後4日で湖畔までのお散歩楽勝でしたgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年2月15日 (月)

ストーカーは不調のサイン?

いそじろうクンdogはストーカーですhappy01

ワタシは 奴が眠い時以外は いつも見張られていますsweat01
なので、しつこくまとわりつかれても
何だか落ち着かないのね〜sign02
キョトってるけど・・・
どぉしたいの〜wobbly
とは感じていたものの
さほど気に留めてはいませんでした。。。
お散歩には元気に出るし・・・
ところがsign01ところがsign03
それは自分の身体がおかしいdanger
って ちゃんと訴えていたのでしたweep
昨秋に半ちゃん、音ちゃんが虹の橋へ逝き
その頃から何とか半も音も食べてくれるように
あの手この手で美味しいものを用意し
そのおこぼれで口が肥えてしまったsign02いそじろう。
少しずつ通常のフードに戻りつつあるかな〜
の矢先に前庭疾患で
又々栄養つけなきゃsign03
でも依然として犬用フードはほとんど食べないcrying
その日だって、それでもフードにご飯やトッピングで少しは食べていたし・・・
チッコもウ◯チも問題ないし・・・
けれど・・・昼過ぎに pawパパが
「いそ 何かおかしい」
見てみると へたり込んで起き上がれない。
目はうつろ・・・
前庭疾患の再発?と思ったけれど眼振はない・・・
口をめくったら唇も歯茎も真っ白coldsweats02
病院へ急行しました。
ここ数日の経過を説明し
必要量の食餌が取れてないのに体重は増えていて
(見た目は痩せたなsweat02って思ってた)
血圧が低く低体温気味・・・
そして先生が何となくお腹がポテっとしているようなのが気になる・・・
と。
腹水があるかもしれないimpact
エコーで見ると腹水がありました。
では、腹水の原因はsign02・・・
脾臓に6センチ程の腫瘤おそらく脾臓の血管肉腫sweat02
肝臓の可能性もある・・・
当然採取した腹水は血液です。。。
脾臓の血管肉腫は 厳しいgawk
実は mixマックを脾臓の血管肉腫で亡くしていますthink
どんな病気か解っているだけに・・・
血液検査の結果 腎臓もよろしくない・・・
思い切って手術をするか
お家で静かに看取ってあげるか・・・
ともかく時間を空けて出血が止まるかどうか調べたい。
その間にも先生と話し合い
気になる事は聞き・・・
出血部に膜のような物ができ
それが蓋となって出血が一時的に止まることもある。
貧血が1週間ほどで改善したところで手術を検討する・・・
ただ、その1週間があるかどうかは分からないsweat01
あったとしても、その時点で手術できる身体かも分からないsweat01
そして手術を決断しましたsign01
基本的には ある程度の歳になったら過酷な治療はしない主義です。。。
まして この病気だったら手術したとしても数ヶ月でしょう。。。
ですが、今 いそがいなくなるsign01虹の橋へ送り出すsign01
なんて とても考えられませんでした。
それに、何よりも いそじろう自身が
「まだ こっちで遊んでたいheart04
って言ってたからconfident
「早く病院に連れてって〜〜〜」
って言ってたんだね。
輸血犬の手配も整いそのまま夜に手術となりました。
Kc4d0032
無事 オペ終了happy01
まだ続きがあるけれど長くなるのでjapanesetea
okいそちゃん元気ですよhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »